家で音楽できる環境を作ろう デンモク編


防音室と本体のコストはOK牧場

前回はカラオケ本体のコストを見ていきました。
さて今回は臨場感を出すためにマイクやスピーカーの音響設備を見ていきましょう٩(´・ω・`)و

(;・∀・)と言いたい所ですが、今回は曲や採点機能を無線で予約できるデンモクのコストを見ていきましょう。

そうなんです。本体とデンモクは別売りなんです。テレビ本体とリモコンが別売りぐらいのビックリです。
Σ( ´・ω・`)私もビックリです。

とはいっても、曲の番号を検索して本体に直接入力するのは超絶面倒くさい。

そのほか色々便利な機能もあるので観念して、いったい幾らするのか見てみましょう。
 

デンモクの費用


デンモクはDAM用JOYSOUND用があり、本体がどっちかによって買い揃える必要があります。
まあそれはそうだよな(´・_・`)

大体、現行で販売されている最新機種のデンモクは新品相場8~10万円位かな。
中古の場合は4~5万くらい。
さすがに本体代より高くないにしろ、セットで販売されていない分高く感じるよ(・ω・`*)ネー

まあケチれば安いのも売ってないわけじゃなさそうだよ。

白黒のデンモクでもないよりましかな

ただ、デンモクもリモコンみたいに電池で動いてる訳じゃない。使うためには充電しなきゃ。充電器及び充電スタンドも必要。

(ºдº)アッー!!!!↑

こんなもん、本体とセットで販売してくれよ(´;ω;`)ウゥ

ただこのご時世、スマートフォンが主流の時代。実はスマホがデンモク代わりになるんだよね。

デンモクミニ

カラオケ-キョクナビJOYSOUND

そういう事は先に言え?すみません
( ´•ω•` )

ただし、JOYSOUNDの場合、CROSSO以前の機種。
DAMの場合はCyberDAM+以前の相当古めの機種は対応してないから、本体買う時に注意ヾ(。・∀・)oダナ!!

とはいえ会社に置く時とか家族や友達が遊びに来る時はあると見栄え良いし、買っとくといいんじゃないの( ゚σω゚)