家で音楽できる環境を作ろう ヒトカラ音響編

防音室もOK、カラオケ本体もOK、デンモクも奇策を使い節約ができそうだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】【ジョイサウンド】JOYSOUND F1 本体 JS-F1
価格:88000円(税込、送料無料) (2021/5/26時点)

「おてがるーむ」と「JOYSOUND F1」がコストパフォーマンス的に想定してた以上に抑えられそう。
デンモクテクが効けば、今のところはこの2つで30万円いかないし(^ω^)

ただ相当、収納テクが必要になるわな。120平方cmの中に本体含めた機材必要になるし。

あ、モニターも必要か。まあ余ってるモニターでつながれば問題ないよね。

今度は、ヒトカラを想定するのか、はたまたホームカラオケを想定するのかで用意する機材がガラッと変わる音響設備編。


ヒトカラ用の音響設備

ヒトカラスタジオを作るなら、他の人に聞かせる必要はない(というか聞かれたら困る)から、
オケの音漏れを最小限にするためにヘッドホン
耳にヘットホン被せると自分の声が聞こえなくなるから、音を拾うマイクは必須だな。

最悪マイクは普通の市販マイクとヘッドホンでOK。

欲を言えば、左の感度が良いコンデンサーマイクと低音、中音、高音の音量が調節できるコンデンサーがあればバッチグー。

ヘットホンで自分の声を感度よく聴きながらの方が練習も捗るし、スタジオ録音みたいな音質になるから歌ってみた配信にぴったりだな。

おお!ヒトカラなら40万円行かないくらいで設備が整うぞ(^ω^)(多分)
ランニングコストの通信費が月2万かかるのは内緒、、、

本体すらカラオケアプリでケチれるな。そしたら、ほぼ防音室とマイクヘッドホンだけで事足りるんじゃないか!?
音質が残念だけど(´・ω・)(・ω・`)ネー

複数人用の音響設備

ホームカラオケ等、複数の人でカラオケができる環境を整えるなら
デンモク、無線マイク2本(デュエットやるならね)、マイク充電器、音響用のアンプにスピーカーと機材の難易度もさることながら、人が入れるスペースの6畳ぶんのスペースの防音設備で費用が(´;ω;`)ウゥゥ
まあ、それはおいおい必要になったら買いそろえる方向でいいんじゃない?

ということで、ヒトカラ用の設備のコストを見てみますか。

マイクは最近、カラオケボックスでも市販のを販売し始めたところあるよね。

たまに消毒が万全じゃなく、あほみたいにクサいマイク有るからマイマイクを持ってもいいよね。お手ごろだし。

レビュー的にはこのマイクがよさそうだ。

採点する時とか、しっかり録音したいときとか、お店のマイクにかなり当たり外れが有るから、持っておくと重宝するね。

弘法筆を選ばずとは言うけど、今は機材も大事。自分の道具に良いものを使う人こそプロだよねー

じゃあ、スタジオ収録で使ってるようなコンデンサーマイクも見てみるか。

コンデンサーマイクって、歌う時の息づかいまで色っぽく鮮明に聞き取るんだよねー。ヒトカラで置いてあってすごく感動した。

けど、その分かなり繊細で、一般家庭ではアウトな電源供給と劣化が激しいのでウインドカバーが必要なんだよねー

上の商品は、電源供給に必要なアダプター以外は、スタンド、ウインドカバー、ヘッドホン、マイクコード、果ては譜面立てまでついている。プロ仕様。
アダプターはファンタム電源アダプターを買うとOKだよ。

ただ、このコンデンサーマイク。感度が良いせいか、キーーン音がめっちゃエグイよ。ヘッドホンしてると耳が殺される(´・ω・)(・ω・`)ネー
用法を守って正しく使用しましょう。

音質、音量、効果を付けたいときはこれも購入だな。
これが一通りそろったら、家にプロの人が来ても恥ずかしくないね(^ω^)家でもうボイトレ教室出来んじゃないか?