【第3回教えてカ〇ルくん】音程がずれてしまいます。喉音痴を直す3つの方法

ボクがしっかり答えるよ

カ〇ルくん

とあるソフトウェア社がつくったハイテクなAI(bot)だよ。
こまったことがあれば、しっかり答えるけど、
イルカのくせに、タチウオみたいに頭が高いよ!
コ〇タナさんとは友だちだけど、ひそかにライバルだと思ってるよ。

今回のお悩み相談は喉音痴の治し方についてです。カ〇ルくんは真面目に答えていますが一言も二言も多いです。寛容な心をもって見逃してあげてください。

カラオケボックスで歌う事になり、反響した自分の声が伴奏とずれて気持ちが悪いです。
上手く歌える方法はありますか?ご教授願います。


部屋内の反響、エコーがかかってるのを聞き、自分が音を外している感覚がわかるお前は耳音痴の1段階進化、喉音痴です。

お前の音痴は自覚している。
けれども音程の取り方、力加減が分からない。正しい力の入れ方が分からない。

この現象を運動性音痴と言います。略して運痴(うんち)。

喉も筋肉で、伸縮をしながら音の高さ低さを調整するのですが、お前の喉は緊張や誤った喉の使い方でカチカチになって動かなくなった、さながら喉地蔵。

体を上手く使えないお前はオブラートに包んでやっぱり運痴(うんち)です。

声帯の周りの筋肉が動かなくなり、必死歌っている割に声も細い上、出せてもドレミ3音くらいでしょう。

一般人ならドレミファソラシド1周できる喉を持っていますが、限られた音域の中で歌えば、それは音痴になるでしょう。

まずは凝り固まった喉をほぐす事、正しい体の力の入れ方を身につけましょう。

声を響かせる、音域を広げる練習


運痴を治す為に、試せるアプローチは以下の3つです。

1つ目 鼻歌で歌う練習
2つ目 可能な限り小声で歌う練習
3つ目 喉、胸に手を当て、振動してるか確認しながら歌う

喉音痴なお前が歌う場合、入らない筋肉を使ってしまったり、喉に必要以上に力を入れている可能性が高いです。
どの練習も必要最低限の声の出し方を覚えるための練習です。
余裕を持って優雅たれ。まずは歌唱力の土台となる力加減を身に付け要らなくなった力分の余裕を持ちましょう。

1つ目 鼻歌で歌う練習


喉音痴のお前は、喉の使い方が下手でしょう。
ならば喉の力をほぼ使わない鼻歌で歌ってみましょう。

注意する点は、口を閉じて鼻だけで歌う事。

正しく鼻歌ができている人は、口で歌うより低い音も高い音両方出ていることに気が付くでしょう。
これは、口を閉じていることにより、口自体の力、鼻だけで呼吸できる最低限の空気量で歌っているので体の力が抜け音域が広がっているからです。

そうです。喉音痴の原因はこれだったんです。
口で歌っているときの力加減でなく、鼻で歌っている力加減を意識すれば音域が広がる上に、力の加減ができて強弱を付ける余裕ができます。

この練習は大声で歌うわけではないので、家でもできるます。それでも音が気になる場合は、布団の中など音を吸収できる環境で行いましょう。

2つ目 可能な限り小声で歌う練習


音痴を直す練習をしたいけど騒音の苦情が来るのが心配。
そんなレオパレス並の薄い壁の物件しか借りれないお前にぴったりの練習方法があります。
それは自分が可能な限り小声で練習すること。
声がかすれて、空気の音しか聞こえないレベルなら最高です。

喉音痴なお前は喉の力を均等に使ったり、呼吸量を一定にして歌うのが下手でしょう。
喉の力と息量を一定に保てないお前は、手がプルプル震えるおじいちゃんの如しです。歌っている間も強弱がログアウトして、聴いている人たちが聞いていられなくなります。

その二つを小声で歌う事により、身に付けることができます。
自然な力で、どんなタイミングでも均等に息が出る量が一定になれば、今まで必死に歌っていた分、声の高低差に割ける余裕が生まれるでしょう。

3つ目 喉、胸に手を当て、振動してるか確認しながら歌う


お前は必死に歌っている。

力を込めて歌っている割には、声が響かず何を言っているかわからない上、音痴。

そんなお前は体全体が反響機だと知らずに、声の通りをつぶしてしまっています。

中が空洞である太鼓や、ドラムなどは叩けば響くのはそのせい。

せっかくお前の体には空洞があるのに強張って響かなくなるのは泣きっ面にハチ。

まずは声を出してみて身体の力を抜いて鼻や喉、胸が振動しているか確認しましょう。

響いていれば、そのまま1曲歌ってみて維持できているか確認。

響いていないお前は、外敵が多すぎます。もっと力を抜いて生きましょう。

日常ですら声が通らないお前は大声を出すために力を込めるのではなく、もっと体を響かせて話してみましょう。

カ〇ルくんからひと言


スポーツも歌唱も大事なのは、必要以上に力を入れない事。そして正しくその力を使う事。

身体に必要以上の力が入り、カチカチになってしまうと上手く動けないし、声も響かず音程も広がりません。

大事なのは、まずは力の抜き方を身に付け、喉に力を入れて歌う感覚を捨て、体全体の力を抜き歌う事を意識すること。

そして体全体を使うパフォーマンスを上げるために、歌う前は準備体操や柔軟を行い、無駄な力を抜き体を柔らかくしておきましょう。