【第1回教えてカ〇ルくん】私は音痴なの?音痴の3つの原因と見分け方

ボクがしっかり答えるよ

カ〇ルくん

とあるソフトウェア社がつくったハイテクなAI(bot)だよ。
こまったことがあれば、しっかり答えるけど、
イルカのくせに、人の心にサメ肌で入り込むところが玉にキズだよ!
たまに大人のじじょうで、文字が見えなくなることがあるよ?

今回のお悩み相談は音痴の種類についてです。次回音痴の解決策をカ〇ル君に質問していきます。口の悪さは、寛容な心をもって見逃してあげてください。

職場の仲間とカラオケに行くのですが、よく失笑されます。
私は音痴なのでしょうか?
もし音痴なら直したいです。


お前の音痴はどこから?
音痴には原因があります。克服するためにお前の音痴の原因を見つけましょう。


音痴は大きく分けて3つのタイプがあります。

・耳音痴 音感が耳で聞き取れないタイプ

・喉音痴 音感が分かるが力加減ができないタイプ

・リズム音痴 歌いだし、譜面のタイミングが計れないタイプ

お前がどのタイプの音痴か分かればそれに合わせた克服方法を知ることができます。

耳音痴


笑われてるくせに理由がわからないお前は、
耳か、もしくはお前の音の基準が**な可能性が高いです。

お前では気が付けないので、
自分の歌声を録音するか、ほかの人に聞いてもらいましょう。

え?自分の声を録音するのが気持ち悪い?

安心してください。その気持ち悪い声を周りの人はいつも聞かされています。
今更なので、気にしないようにしましょう。

喉音痴


自分が音痴と分かっているくせに、治せないお前は声を出す加減を知らない音痴です。

そんなお前は、かなりの確率で運痴(うんち)も合わせて患っている可能性があります。

からだが強ばり緊張した状態で歌っているでしょうから、まずはリラックスか場数を踏むところから初めましょう。

リズム音痴


歌いだしや歌っている間に歌詞とズレるお前は、非常に高い確率でリズム音痴です。

100円入れても某太鼓を叩くゲームをもう一回遊べないお前はゲームセンターのいい鴨です。

ノリも悪い可能性もあるので、リズムやテンポを受け入れる余裕をもって私生活を送りましょう。

カ〇ル君から一言


音痴の種類はじゃんけんで例えると分かりやすいです。

・耳音痴 音の物差しが分からない、じゃんけんのルールを知らない

・喉音痴 グーチョキパーの力加減が分からない

・リズム音痴 じゃんけんの音頭からズレてしまう

赤ちゃんはじゃんけんを知って産まれるわけではありません。
後天的に加減や感覚を身に付けてできるようになります。

良かったですね。
お前は音痴でも感覚さえ分かれば歌自慢を身に付けられる可能性があります。
感覚を身に付けるための練習はもちろん必要です。次回は克服するための練習方法をお伝えします。