カラオケ嫌いな人へ、カラオケの逃げ方・やり過ごし方マニュアル

カラオケ嫌いな人へ、
カラオケの逃げ方・やり過ごし方マニュアル


カラオケに行くなら死んだ方がマシ。
そんな極端な人はあまりいないが、音痴やカラオケ嫌いな人にとってはあのカラオケボックスは、
拷問部屋や猛獣が入っている檻にもはや等しい。

ただ、邪険に断ってしまうと、職場や友人関係にヒビが入りかねない。
今回は、カラオケ嫌いが実際にやっているであろう無難な立ち回り方をピックアップ。
何個かチョイスして、カラオケを何とかやり過ごそう。


カラオケ回避術 策士編

当日、カラオケボックスに行く前に帰れるよう口実を立てとく
(家族が病気、お通夜、終電、明日朝速い等)

一番使われているであろう口実。
ただし、何度も使っていると付き合いが悪い人間だと思われるので、数回に一回ぐらいは敢えて虎穴に入る覚悟をしておこう。

カラオケボックスでは兎に角、注文係や介抱役、歌のリクエスト役に徹する。

忙しく立ち回っている人には、マイクを押し付けづらくなるもの。
ペンとメモ帳を離さず、みんなにドリンクのオーダーを聞いて回ったり、アルコールを飲ませまくった人の開放したり、フリードリンク制の時はみんなのドリンクを持ってくるなどして、兎に角忙しく動き回ろう。
この人は気配りがうまいと思わせることもでき、策としてはとてもGOOD。

事前に聞き専だということを周りに伝える。

自分はあまり歌いたくないけど、自分がオーダーした歌が歌えるなら歌ってほしい。
女性からオーダーを受けた男性は頼まれたら断れないもの。仮に歌えない曲でも近い曲をチョイスして歌ってくれるはず。
カラオケ大好き男子がいれば、その人にリクエストを振って、滑車を回すハムスターの如くその場を上手く回してもらえ!

周りが歌えそうな曲を入れ歌ってもらい口パクでやり過ごす。
(世界に一つだけの花、サライ等)

みんなが知っている曲を入れてみんなに歌ってもらう策もあり。
一部屋にマイクは基本2つしかないので、上司や酔いが回っている人が複数人いればマイクを渡して置き、自分は口パク状態で歌っておこう。


次ページ≫カラオケ回避術 開き直り編