急がば回れ、高低差激しい「ピースサイン」の歌い方


アーティスト 米津玄師
音域 mid1D#~mid2G#

 


終始音域の高低差が激しい

この曲は、そのスピード故、音の高低差が激しく、非常に音程が取りづらい。更にサビにぶつかったとき、上手い事、揚がりきれないことが多くなる。
フレーズ間の音の高低差は甘く見てる人は、フレーズ間の高低差を見逃し、お念仏を唱えているお坊さんみたくなったり、
喉を締めて歌っている人や、お腹の底から力を入れて声を支えていない人は、上がった瞬間に喉のパワーバランスが一気に崩れ、ひっくり返ったりなど
発声の基本ができていない人はでっかい壁にぶち当たる。
そしてサビの最高音自体は、最近の男性ボーカル曲の中では低めなのだが、ちょうど男性地声の限界音とぶつかっており、
無理やり歌うと喉を持ってかれ最後まで歌いきれない。

対策としてボイトレ界隈では、話し声で話すような喉に負担をかける歌い方ではなく、ろうそくを吹き消すような時の息でコントロールする歌い方が推奨されている。
発声する際、喉の筋肉の余計な力を抜き、囁くような歌い方をすると、声の強弱を付けるときや高音に上がるときの余裕が生まれる。

ただし本当に囁くように歌うと声量が出ないので、喉に負担をかけないこと、鼻に少し息を当てることを意識して徐々に声量を上げていきたい。
この歌い方は、普段の話し声にも応用できるので、話過ぎて喉がつかれる、自分の声にコンプレックスを持っている人はぜひ参考にしてみよう。

 

まとめ

・速い曲だからこそ、事前にテンパらないための余裕作りが必要
・盛り上がる曲だからと言って初めからハシャがない
・高低差が激しいので、常に喉の力を抜き、鼻に少し息が抜けるような歌い方で跳ね上がるフレーズに対応する

≫【米津玄師】ココだけ押さえろ!一夜漬け人気曲ランキング