裏声の波、どう乗り越える?back number「瞬き」の歌い方


アーティスト back number
音域 mid1F~hiC

 


幾度となく一瞬訪れる裏声の波


跳ね上がった後のキーが地声で出せない場合、必然的に裏声で発声することになるのだが、慣れないうちは自分でもドン引きするくらいのキタナイ裏声になる。
地声、裏声の発声方法が根本的に違い、地声はある程度喉に力が入るのに対し、裏声は喉の力が抜けきった状態でないとうまく声が出ない。
一瞬だけ裏声に入るフレーズがこの曲には多く、上手く歌うには力の入れ抜きを瞬時に出来ないといけない。
ただ、サビは高いからと言って、喉が攣るような強い力で歌う癖がついていると、喉がアホになって瞬時に力を抜くことができなくなる。
ホントにサビを歌う時は、喉の締めの力に頼らずに前のページで書いたような喉の力をあまり使わない「ミックスボイス」のような歌い方を常にしていると、裏声の切り返しがスムーズにできる。
そして裏声のキーがコントロールできない人は、息量と口内の息を当てる場所の調整の練習をするべし。
 

まとめ

・サビから始まるので、開始で転ばないように体が温まった状態で歌うこと
・跳ね上がった後のキーは地声か裏声か原曲を聞きこんで覚えること
・跳ね上がった後を裏声で歌う場合、喉に頼り切った歌い方では上手く切り返しができない