Teion出てますか?米津玄師「Lemon」の歌い方


アーティスト 米津玄師
音域  mid1B~hiB

 

 

how to 米津玄師


「米津玄師(よねづけんし)は、ニコニコ動画発祥のシンガーソングライター。
”よねずげんし”や”よねつけんし”、”よねづげんし”当、よく正しい呼ばれ方をされない。
米津玄師と名乗る前は、ハチ名義で「パンダヒーロー」や「マトリョーシカ」等ボーカロイド界隈でよく見かける楽曲を生みだしており、
2013年に本人名義でメジャーデビューしている。
カラオケで歌う際はキーの高さ云々より、リズムが特殊な為、滑舌フレーズの歌い出しのアタックの強さが重要になる。
この二つをおざなりにすると、リズムに合わせて空気が抜ける音がただ聞こえるだけになるので、Siriに聴きとってもらえるような声でハキハキ歌おう。

 

Lemon


TBSの金曜ドラマ「アンナチュラル」のエンディング曲であり、”米津玄師”を知らなかった若年層以外の層への足掛かりになった曲。
走る曲調の多い”米津玄師”の曲の中ではテンポに置いてかれる事無く歌いやすく、歌詞も覚えやすい。
余談ではあるが時々曲中に流れる「フェッ」という声が気になって正体を解き明かそうとしている人がいるが、現在に至るまでシッポすら掴めていない。
繰り返しになるが”米津玄師”の曲の中では、歌いやすくかつ、聞きやすくもある。
のだが、その分歌い手の技術や歌唱力も分析されやすく誤魔化しきれない。
抑揚強弱、アタック、ビブラート、ピッチ、果ては発声方法までネット社会もびっくりの筒抜け状態。
十八番にするのであれば、もう一度自分の歌唱力と向き合って納得いくまで歌い慣らしたい。


次ページ≫ここがやばい!この曲のつまづきどころ