カラオケに慣れてないなら危険な女性曲 90年代前半編

カラオケに慣れてないなら危険な女性曲 90年前半編

デンモクに聴きなれた曲を入れたのはいいけど、金切り声になったり出なかったりただのうめき声になってしまって、オーディエンスの前で恥をかいてしまった経験はお有りですか?

普段、抑揚ない声で話していたり、大声を出さない人は歌う曲の難易度によっては自殺行為。


今回は、独自に判断した4つ基準を元にし判断した、慣れてない人が手を出すと危ない女性の曲90年代前半編。

当時人気を博したり、話題になったりなどして、知名度が高い曲をチョイスしました。

カラオケ上達の一つの指標にしたり、人前の冒険を避ける為の参考にしましょう。

※(今回紹介しているのはほんの一例です。歌いやすい曲を選びたい人は以下をご覧ください)
≫年代、性別別歌いやすい曲特集

歌う際に基準になる4つの項目

音域幅
曲を歌う際に必要な最高音と最低音の間の音。曲の難易度を一番左右する最重要項目。 この幅が1オクターブ半以上あると、ナイーブな喉には危険! 歌えない所を1オクターブ下げて歌うのもありですが、リハ無しでぶっつけ本番で挑むのはチョット危ない。 なるべく音域の狭い曲を選んで歌いましょう。
キー
歌う際に必要な、音域の高さ。 歌う曲が自分の出せる音域をはみ出ると、キーの上げ下げが必要になる。 キー調整をすると自分が聞きなれていたキーとのギャップが出来て歌いにくくなる傾向。 星が多いほど、平均値より使うキーが高め、もしくは低め。
スタミナ・声量
スタミナの星が多いほど、声の大きさが重要になる。 声を張り上げる曲ほど盛り上がるので、盛り上がる、もしくはしっとり曲かの指標にもなる。 大声が苦手な人、声が小さい人は避けた方が無難。
リズム
曲のリズムの難易度。  歌詞が詰まっていたり速い曲ほど、噛んだりテンポもたつきが起こりやすい。 逆にテンポが遅すぎても息切れやリズムが走ってしまう。 星が多いほど、アップテンポ、もしくはスローテンポである。

 


ロマンスの神様/広瀬香美

項目 難易度
音域幅 ☆☆☆
キー ☆☆☆☆
スタミナ ☆☆☆☆
リズム ☆☆
総合計 13点

地声でこんな張り上げてるのかよ!?

この曲はかなり歌い方がパワフル
ただ、キーをいじらず歌うと、大半の女性はサビの高さでぶっ倒れる。
ちゃんとサビのピッチに合わせられる高音慣れした人でないと、金切り声になりただの大声で叫んでるヒステリックなオバはんになりかねない。
キーを下げる際は、Aメロが低いので、マイクにちゃんと声が入るように調整したい。
 

あなただけ見つめてる/大黒摩季

項目 難易度
音域幅 ☆☆☆☆
キー ☆☆☆
スタミナ ☆☆☆☆
リズム ☆☆
総合計 13点

音程が跳ねてコントロールしづらい!

この曲も負けず劣らずスタミナがいる。
声を張り上げつつ、音程の上下差激しいじゃじゃ馬フレーズを乗りこなさなければいけないので、悲鳴連射は避けられない。
高音は比較的使わずある程度余裕をもって歌えるが、それでも声をひっくり返して叫んでるヒステリックなオバはんになりかねない。
いつも使っている話し声の感覚で歌ってはダメ!声を腹から支えてしっかり発声しよう。
 

負けないで/ZARD

項目 難易度
音域幅 ☆☆☆
キー ☆☆☆
スタミナ ☆☆☆
リズム ☆☆
総合計 11点

バランスの良い難易度

結論、キーを下げて歌わないとカラオケ慣れしてない人は歌いきるのが難しい。
聴かせるのであれば、キーの高さ、音程の跳ね、声量、出だしの歯切れ、スタミナ等、細かい所ではあるが、応援ソングならではの地味な技術の高さが要求される。
ただ、このページの中では難易度が低いのでこの曲を足掛かりにいろんな曲に挑戦してみよう。

 

天城越え/石川さゆり

項目 難易度
音域幅 ☆☆☆☆
キー ☆☆☆
スタミナ ☆☆
リズム ☆☆
総合計 11点

違った意味でも危険な曲

演歌であるので独特な表現、歌唱法(こぶし、しゃくり)を使って聞かせるレベルにするとグッと難易度が上がる。
そこを無視してもAメロの低さ、サビの高さと音程の上下によるピッチ合わせ、ロングトーン等の安定感などを怠ると、もれなく音痴認定されてしまう。
更に歌詞の中身もキツメな所があるので、ウケすら狙えず周りからどよめきの声が上がる。
気の知れた友人が集まって、ある程度歌唱力に自信がついたら入れてみよう。

 

川の流れのように/美空ひばり

項目 難易度
音域幅 ☆☆☆☆
キー ☆☆☆☆
スタミナ ☆☆☆
リズム ☆☆
総合計 13点

男勝りの低音ボイス

ただ歌うだけなら、ひとまずこの難易度。初めに気が付くのは、しっかりと安定した低音域。
普通の人が歌うと、その低さ故マイクに無視され、拾ってもらえてもただのテレビの砂嵐と化す。
低音慣れしてる人でも自分の歌った所を録音して原曲と聴き比べるとショックのあまり夜も寝れなくなる。
それ以外も深いビブラート、歌い出しからサビにかけての倍音、声色の使い分け、語り聞かせるような抑揚、極め出したらキリが無いくらい気が遠くなる要素が散りばめられている。
もう、一言ヤバいとしか言いようがない。この曲をうなる位上手く歌える人はプロでも殆どいないんではないだろうか。

歌いやすい男性曲 歌いやすい女性曲
~1980年代 ~1980年代
1990~1994年 1990~1994年
1995~1999年 1995~1999年
2000~2004年 2000~2004年
2005~2009年 2005~2009年
2010~2014年 2010~2014年

年代別楽曲一覧

難しい男性曲 難しい女性曲
1990~1994年 1990~1994年
1995~1999年 1995~1999年
2000~2004年 2000~2004年
2005~2009年 2005~2009年
2010~2014年 2010~2014年