カラオケに慣れてなくても歌いやすい男性曲 90年後半編

カラオケに慣れてなくても歌いやすい曲 男性90年後半編

あまりカラオケに行かず、自分がちゃんと歌えるかどうか不安な人ってかなり多いんじゃないでしょうか。

カラオケで歌う時、歌いやすい基準が4つあり、ココをちゃんと押さえておけば自分の歌える曲も見つけやすいでしょう。


今回は、この4つを基準にして比較的初心者の男性でも歌いやすい90年代後半の曲を紹介。

カラオケに行く世代はここが一番多いでしょうから、ここの曲を押さえておけばどのシチュエーションでも使えること間違いなし。

歌う際に基準になる4つの項目

音域幅
曲を歌う際に必要な最高音と最低音の間の音。曲の難易度を一番左右する最重要項目。 この幅が1オクターブ半以上あると、ナイーブな喉には危険! 歌えない所を1オクターブ下げて歌うのもありですが、リハ無しでぶっつけ本番で挑むのはチョット危ない。 なるべく音域の狭い曲を選んで歌いましょう。
キー
歌う際に必要な、音域の高さ。 歌う曲が自分の出せる音域をはみ出ると、キーの上げ下げが必要になる。 キー調整をすると自分が聞きなれていたキーとのギャップが出来て歌いにくくなる傾向。 星が多いほど、平均値より使うキーが高め、もしくは低め。
スタミナ・声量
スタミナの星が多いほど、声の大きさが重要になる。 声を張り上げる曲ほど盛り上がるので、盛り上がる、もしくはしっとり曲かの指標にもなる。 大声が苦手な人、声が小さい人は避けた方が無難。
リズム
曲のリズムの難易度。  歌詞が詰まっていたり速い曲ほど、噛んだりテンポもたつきが起こりやすい。 逆にテンポが遅すぎても息切れやリズムが走ってしまう。 星が多いほど、アップテンポ、もしくはスローテンポである。

 


夜空ノムコウ/SMAP

項目 難易度
音域幅
キー ☆☆☆
スタミナ ☆☆
リズム
総合計 6点

解散してしまったSMAPの90年代の楽曲。

カラオケ慣れしていない男子が普通に原曲キーで歌うと、サビ部分が地味に高く余裕がなくなってしまいます。

キーを一つ下げることで、かなり楽に歌えますが、聞きなれしている人が大半なので、なるべく原曲キーで歌えるようにしたいです。

 

田園/玉置浩二

項目 難易度
音域幅
キー
スタミナ ☆☆
リズム ☆☆☆☆
総合計 8点

安全地帯の玉置浩二がソロ名義で発表した曲。

メロディーに歌詞が詰まっているので、歌詞を覚えてさらにリズムを頭に叩き込んでから歌わないと終始ハミングになってしまいます。

音域的には声が低い男子でも歌いやすいので、よく暗記してからカラオケに挑みましょう。
 

白い雲のように/猿岩石

項目 難易度
音域幅
キー
スタミナ
リズム ☆☆
総合計 5点

『進め!電波少年』をリアルタイムに見ていた世代の懐メロ。

音域幅が1オクターブ未満、音域が低め、リズムが早くなく、男性はほぼ歌えます。

さらに女性も自分用にキーを調整すればどの音域の人も歌えるため誰でも練習曲として使えます。

 

いいわけ/シャ乱Q

項目 難易度
音域幅
キー
スタミナ ☆☆
リズム
総合計 6点

当時リアルタイムに聞いていた人たちが十八番として歌うことが多い曲。

「ズルい女」、「シングルベッド」等と比べると音域的に歌いやすく、入門編としておススメです。
 

硝子の少年/KinKi Kids

項目 難易度
音域幅 ☆☆
キー ☆☆☆
スタミナ ☆☆
リズム ☆☆
総合計 9点

KinKi Kidsのデビュー曲かつ、最大のヒット曲。

注意すべきは、サビの地味高キーと、歌われている頻度でしょう。

高めでも構わず歌うと、伸びが無くなり下手に聞こえます。やっぱりキーを一つ下げて歌いましょう。

後は歌われる頻度が多いので、取られたら同じ曲を歌わずに、別に用意してある曲を歌いましょう。
 

POISON/反町隆史

項目 難易度
音域幅 ☆☆
キー
スタミナ ☆☆☆
リズム
総合計 7点

反町隆史が主演をつとめたドラマ『GTO』の主題歌。

上記の曲と比べると音域が低く、高い声が出ない男性におススメ。

キーが低い分、声が高めの人はマイクにちゃんと声が入っているか注意が必要です。

歌いやすい男性曲 歌いやすい女性曲
~1980年代 ~1980年代
1990~1994年 1990~1994年
1995~1999年 1995~1999年
2000~2004年 2000~2004年
2005~2009年 2005~2009年
2010~2014年 2010~2014年

年代別楽曲一覧

難しい男性曲 難しい女性曲
1990~1994年 1990~1994年
1995~1999年 1995~1999年
2000~2004年 2000~2004年
2005~2009年 2005~2009年
2010~2014年 2010~2014年