音が飛び回る!消える!人気曲「前前前世」の落とし穴


アーティスト RADWIMPS
音域 mid1F#~mid2F#
 

出だしの声がマイクに乗らない


RADWIMPSの楽曲は早口が多く、ハキハキ喋らないとド頭の声が聞こえないことがある。特に滑舌があまりうまく回らない、口の近くに手を当て息がガッツリ当たる人は要注意。

カ行、サ行、タ行で始まる出だしは、日常会話レベルの活舌で歌うと、息が漏れてマイクにノイズがめちゃめちゃ入る。

滑舌に自信がない人が歌うと、終始リズムに合わせた吐息を聞かされることになる。滑舌が普通な人も特にカ行、サ行、タ行の出だしは腹に力を入れて発声したい。

普通の曲を歌う際もラップや、早口の歌詞が出る際もそういった舌が回っているか、息が吹いていないか初歩的な所に目を向けよう。
 

縦横無尽に飛び回るメロディーライン

この曲は、カ行、サ行、タ行の瞬発力と合わせて、ド頭の音程が合っているかも気にしたいのだが、どうもメロディーラインの音程の様子がおかしい。

使う音域自体は、1オクターブと狭めなのだが、さながら虫カゴの中に閉じ込められたバッタの如く、その1オクターブのカゴが狭いと言わんばかりにメロディーラインが大暴れする。

目まぐるしく動くメロディーラインに、音程が飛び跳ねる所が要所で頻繁にある。その為、着地地点を誤って踏み外したら修正が出来ず、千鳥足の様に音程がヨレヨレになる。もう音痴認定されても仕方がない。

飛び跳ねた後の着地地点さえ死ぬ気で合わせれば、他が少しずれていようが誤魔化しがきく。

跳ねる前の音程ではなく、着地地点を基準に考えて歌おう。
  

大事なサビがキュートに聞こえる件

最高音が低めと言えど、歌いなれてない男性にとってサビはちょっと高め。少し間を置かないと出ない人もいるのではないか。

君の前前前世から僕はを探し始めたよ。

このタイミングで最高音が連続して登場する。そして地味高音と滑舌のダブルパンチが飛んでくる。

歌えなくはないレベルと言えど、それが細切れでパンパン連射で出さないといけないので、喉がユルユル状態では小学生以下が歌っているんじゃないかと錯覚してしまうほど可愛く聞こえる。そんな状態では滑舌も構っている余裕がない。

ビーダマンの如く勢いよく連射するには、グリップ力が重要。のどちんこを中心に力を入れる、喉の上半分で歌うイメージを意識する事によって声帯が閉じて、出しにくかった高音域も出やすくなる。

高音を発声するときに余裕ができ、ようやく腹に力を入れてハキハキ歌えるようになる。