リズムが混乱する。ミスチル「himawari」の歌い方


アーティスト Mr.Children
音域 mid1A~hiA 

 

ここがやばい!himawariのつまづきどころ

 


消える歌いだしの怪


人間の音域は大体1オクターブから1オクターブ半程度。ただし、この曲の音域は2オクターブあり、割と音域が広い。

その為キーがきつい時、キー調整できる遊びが少なく、聞いてる時のイメージ以上に難易度が高い。

この曲の歌いだしはいきなり最低音。

しかもAメロでは、フレーズが途切れるたび出てくる度出てくる。

実際歌っている男性は気にはならないだろうが、マイクに引っかからない小さい声になり、出だし何を言っているのかわからなくなることがある。

そしてサビがきついからといってキーを下げれば下げるほど、更に小声連鎖地獄に陥る。

女性に至っては、キーを可能な限り上げないと、テレビの砂嵐や隙間風がぴゅーぴゅー言っているような、ただの低周波ノイズと化す。

高音が出れば女子にモテるからといって低音をないがしろにしている男子は、自分の低音がちゃんとカラオケ負けしてないか確認しておこう。

もし、音量不足だなと思ったら、キーを上げるのではなく低音の発声練習をすることをおススメする。
 

時空がゆがむフレーズ頭


吹奏楽や合唱界隈で、喧嘩の原因になる3連符なるものがある。

ヒレのついてないオタマジャクシの4分音符(1拍)を3つ均等に切って打つものだ。

今回の楽曲は、Aメロ、Bメロ、サビのそれぞれ歌い出しと、Aメロ途中に憎き3連符がちょろちょろ出てくる。

リズムに慣れていない人間は、この3連符が上手いこと刻めない。3連符前後もそれに合わせてダイヤが乱れるので、傍から聞いているとその人だけ時間がズレている感じになる。

3連符をちゃんと1拍オタマジャクシに収められる人間でも、均等に3つオタマジャクシを収納出来ないと変な所に力が入り、エセ関西人みたいな変な抑揚がつく。

均等にリズムを刻めない、流れるように歌えない人は、理屈ではリズム感は付かない。耳や体で、特殊なリズムを覚えていくしかない。
 

サビの張り上げ事故注意

低音をクリアできだ男子でも、サビの部分は裏声を使うか地声で頑張るか微妙なラインであり、男子にとって少々音域的にキツイ。

油断していると聞かせ所が、全部バカ殿ボイスになり別の意味で聞きごたえが出てくる。

と言っても最高音がhiAと男子の壁であり歌いなれていない人が歌う場合はかなり苦戦を強いられる。

俗にいう「ミックスボイス」、もしくはバカ殿ボイスの進化形「のどちんこだけガラガラうがい戦法」という、喉の上だけ使ってエッジボイスを発声する方法で、攻略していこう。

どちらかと言うと後者の方が極めれば、ミスチルの声に似てくる。