高音男子の御用達、X JAPAN『紅』を上手に歌いきれ!

難易度 ☆☆☆☆☆
アーティスト X JAPAN
音域 mid1D#~hiD#

 


裏声を二種類使い分けよう


前ページでも分かるように曲が前に進むにつれて、キーが徐々に上がっていくので、声の状態変化を2段階も求められる。

高音のエッジボイスは「頭のてっぺんの風船を息で割るイメージで発声する。」「口を横に平べったく開いて喉を緩めて発声する」など割と実践しやすくサビを歌える人は少なくない。

しかし地声と裏声をつなぐ中間ラインで発声するミックスボイスは、エッジボイスに息の細さとスピード、声帯を上手くコントロールできるか等コツが必要になる。

端的に言うと呪怨ボイスのようなガラガラ声をどの音域でもできるようにすると「ミックスボイス」としての感覚をつかみやすい。
リラックスしている状態で声帯がコントロールでき息を一定量出し続けれると中間域のキーが安定する。

後欲を言えば、地声の域もミックスボイス寄りで声帯を閉じながら発声すると更にギャップが縮まる。
 

まとめ

・曲が進むにつれどんどんキーが上がっていく
・「紅」はサビより、Bメロ等の中音域のキーが難しい
・声が変わるタイミングを把握し滑らかに歌う