高音男子の御用達、X JAPAN『紅』を上手に歌いきれ!

難易度 ☆☆☆☆☆
アーティスト X JAPAN
音域 mid1D#~hiD#

 

ここがやばい!この曲のつまづきどころ

 


裏声ってやつをしってるか?


紅や他の曲でもハイトーンで歌う必要がある曲を原曲キーを地声で歌いきれるぜという男子によく遭遇する。

裏声は細くてマイクに声が入りにくいから

そういう人は大きく分けて2種類存在する。

地声と裏声の区分けや境、存在自体を知らない人

もしくは、原曲キーを1オクターブ下げて歌っている人のどちらかだ。

それ以外の人をまだ見たことがない。

そんな人には本人の歌っている所を録音して小一時間、聞かせてやりたい。

歌いきるには裏声系の発声方法は絶対切って離せない。

一般男性基準に地声で歌えるところはイントロ部分とAメロの一部だけなので裏声を使わず歌う考えは捨てたほうがよろしい。

 

裏声で声量を出しにくいAメロ

キンキンに高いキーやサビ辺りでは勢いよく裏声が出ていて、そこまで気にならないのだが、
地声裏声の中途半端な高さでは自分の思惑とは裏腹に汚い声になる。

地声で歌おうとすると、頭打ちになったりひっくり返ったり
裏声で歌うと今度は「うらめしや」とつぶやく語気の無い女性の幽霊みたいになる。

かゆいところに手が届かないのってこういう事なんだろうなんだろなと常に思う。

嵐吹くこの町がお前を抱く

吹き抜ける風にさえ目を閉じる

の赤い部分が地声部分。
Aメロでは地声と裏声の中間ラインが続き、慣れていないとその声の切り返しに開口一番で積む。
その場合は、多分まだ喉の力に頼り切っている可能性大。
喉が張った状態で歌うと声帯がうまく閉まらない。
ここのタイミングで地声⇒ミックスボイスのきれいな切り返しが必要になる。
自分の耳だけでは、ちゃんと切り替わっているかわかりにくい。
ホントに人に聞かせるときは、ちゃんと滑らかに声が移行できてるか録音して一度確認してみよう。
 

地声で歌えるところがなくなるBメロ

Aメロを凌いだは良いものの、今度Bメロは地声ではドコも歌えないラインが続く。
ここを地声で歌えると言っている男性は大体、1オクターブ下で歌ってるか、ただ奇声を出してるだけ。
地声で歌う事はまず諦めよう。
そして、高音慣れし始めた人に多いのだが、ファルセットやエッジボイスは歌えるけど、ミックスボイスを出せない人もここで詰む。

お前は走りだす何かに追われるよう

見えないのか すぐそばにいるのに

黒いところは、裏声で歌うには低いので、風邪気味のふなっしーみたくなる。
逆に赤いところはキーが高めなので「あっ!本調子に戻ったんだな」ってなる。

こちらのフレーズもい所は楽だが、
今度はミックスボイス⇒エッジボイスのきれいな移行、
もしくはミックスボイスで歌いきる必要がある。

ただ、サビに行けば、声の切り返しがなくなりエッジボイスが出せる人は幾分か楽になる。
サビをスラスラ歌える人は、Aメロ、Bメロの切り返しに注意して歌いたい。


次ページ≫裏声を二種類使い分けよう