高音男子の御用達、X JAPAN『紅』を上手に歌いきれ!

アーティスト X JAPAN
音域  hiD#
特記事項hiB、hiC多発
同じ最高音の曲(hiE)

 


how to

X(後のX JAPAN)の1989年9月1日にリリースされた楽曲。

その曲の疾走感、ハイトーンボイスに魅せられ歌う人は20年過ぎた今でも後を絶えない。

を原キーでちゃんと歌えるか否かが男性の歌い手にとって一種のステータスになっており、YouTubeやニコ動などの動画サイトに挙げている人が多い。

嵐の前の静けさと言わんばかりの長い前奏、ロック調に変化した後の間奏でひたすら待たされる。歌うところの密度が薄い為、歌を聞いてくれている人のことを考えると

失敗は許されない。

ただ最高音がhiD#、サビの部分でhiB以上の高音が立て続けに出るので、女性並みに地声が高い人でないと出しにくい。

一般男性の場合、平均の限界音がmid2G辺りなので、

平均音域より3度以上高いhiB以上が頻発するこの曲を力強い声で歌いきるには、

並々ならぬファルセット(裏声)、ヘッドボイスの訓練が必要になる。

地声で高い声を出そうとすると、高音が地声の限界点で頭打ちになる。

その上、喉を壊して地声自体が変わってしまう為、必ずファルセットの練習から入る事。


次ページ≫ここがやばい!この曲のつまづきどころ