シュガーソングとビターステップを原曲キー歌えるようにしたい!

 


ここがやばい!この曲のつまづきどころ

 

息継ぎしろよ!?

歌詞のフレーズの中に割と難しい単語が出てくる。言葉を理解しながら歌えれば良いが、

問題はそこじゃない。

歌詞の密度が高く、ブレスを取る位置が難しい。

我を忘れて熱唱していると、息継ぎできるところを見逃し燃料が切れて、しりつぼみになってしまう。

特に男性は原曲キーで歌う際ファルセットベースになるので、その場合が無駄な吐息が多くなり、酸欠気味になりやすい。
 

リズム音痴になれる

歌詞が密だからって画面の歌詞ばっかり追うと、リズムが耳の中に入ってこなくなる。

気が付いたら自分がどこを歌っているのか分からなくなってしまう”リズム音痴”になってしまう。

参考資料≫リズムオンチ

一つ一つのフレーズにこれでもかと言わんばかりに言葉が詰まっているため、歌詞だけでなく当てはめるリズムを覚えないと

すぐに詰まる。詰まる。

高いキーとか言ってる以前にまずはよく歌を聴き込み、歌詞の記憶をしない事には歌うのは困難を極める。

難しくて歌詞を覚えられない時は、ガイドボーカルという勝手に機械が歌ってくれるカラオケの機能がある。

その機能を利用し歌詞だけでなく、流れやフレーズを口、頭、耳で覚えていこう。
 

音域の高さをなめるべからず

「UNISON SQUARE GARDEN」全般曲は男性にとって非常に苦しい音域で歌っているため、

普通に歌うのであれば女性の方が向いている。

ただし最低音は平均女性の音域スレスレゾーンなので、音量不足に悩む人もいるだろう。不安であれば、キーを+1上げるだけで解消できる。

が、平均男性の音域では、地声で歌いきる事自体無理なので、終始裏声を使わないといけないが、裏声を使いなれていない男性は、満足に声量を出すことができない。

裏声を舐めてかかってこの曲を歌う人間は小さな赤い生き物よろしく、なんとも情けない歌声になってしまう。

参考資料≫出す声分からない音痴亜種 赤い珍獣さん型

その為、男性が歌うのであれば、

上記で書いた「ミックスボイス」を使う、もしくはキーを-3~-5下げればぎりぎり男性でも耐えるラインになる。


次ページ≫男性はミックスボイスの特訓が必要