タグ:春

宇宙の風に持ってかれる!スピッツ「ロビンソン」を歌うときの心得

アーティスト スピッツ 音域 mid1F#~hiC# 目次 how to スピッツ ロビンソン ここがやばい!ロビンソンのつまづきどころ もう、Aメロから際どい高さ 宇宙の風に持ってかれる裏声 「るーらら」は地声禁止     how to スピッツ スピッツは、1987年から活動している草野マサムネ(ボーカル)、三輪テツヤ(ギター)、田 […]

いきものがかりの最難関 「SAKURA」の歌い方を考える

アーティスト いきものがかり 最高音 hiD# SAKURA ”いきものがかり”がメジャーデビューした際、制作された曲。 さくら、卒業シーズンの曲として広く知られ、定番曲となっている。 デビュー曲で、曲名がダダ被りして埋もれてしまいそうなチョイス(森山直太朗、ケツメイシ等)をした選択はかなり勇気がいる。 相当、さくらに思い入れがあったのだろう。 […]

ここでつまずくな! 有名曲 3月9日 の歌い方

最高音 mid2G(ソ) 3月9日 言わずとも知られるレミオロメンの卒業ソング。 若い世代の人たちは卒業式で歌ったり、声の低い人でも歌いやすいことからカラオケに行くとその部屋の誰かしら基本歌う。 ただし、低めの曲と言えど平均男性の音域を余すことなく使い、声の高い男性や一般女性は最低音が出なく、平均男性でもよほど練習してない限り、サビあたりは声が出 […]

ここがヤバい!ケツメイシ 桜の歌い方 

最高音 mid2G(ソ) 楽曲試聴または購入 さくら さくらの景色、散りゆく花びらは変わらないが、違うのは君がいないだけ。 さくらを眺めながらもういない彼女の面影を思い出す。なんとも切ないケツメイシの人気曲。 最高音もmid2G(ソ)が後半に一回だけと、声が低い男性でもギリ届く安心仕様。 そのため、男性が勝負曲のひとつとして歌うことは少なくない。 […]