カラオケに慣れてないなら危険な女性曲 90年代後半編

カラオケに慣れてないなら危険な女性曲 90年代後半編

カラオケに慣れてないなら危険な女性曲 90年後半編

デンモクに聴きなれた曲を入れたのはいいけど、金切り声になったり出なかったりただのうめき声になってしまって、オーディエンスの前で恥をかいてしまった経験はお有りですか?

普段、抑揚ない声で話していたり、大声を出さない人は歌う曲の難易度によっては自殺行為。


今回は、独自に判断した4つ基準を元にし判断した、慣れてない人が手を出すと危ない女性の曲90年代後半編。

当時人気を博したり、話題になったりなどして、知名度が高い曲をチョイスしました。

カラオケ上達の一つの指標にしたり、人前の冒険を避ける為の参考にしましょう。

※(今回紹介しているのはほんの一例です。歌いやすい曲を選びたい人は以下をご覧ください)
≫年代、性別別歌いやすい曲特集

歌う際に基準になる4つの項目

音域幅
キー
スタミナ・声量
リズム

 

Over Drive/JUDY AND MARY

項目難易度
音域幅☆☆☆
キー☆☆☆
スタミナ☆☆☆
リズム☆☆
総合計11点

サビ1フレーズの一瞬勝負

JUDY AND MARYの曲の中では低音域が広く強弱差が大きいものの、割と歌いやすい楽曲。
ただし、1コーラスの中で見せ場がサビのラストのフレーズのみで、ここをミスると取り返しがつかないし台無しになる。
逆に「あぁ 夢は いつまでも覚めない」だけ注意して強弱をしっかり付ければ問題ない。
 

Go! Go! Heaven/SPEED

項目難易度
音域幅☆☆☆
キー☆☆☆
スタミナ☆☆☆☆☆
リズム☆☆
総合計13点

必要なのは歌唱力より若さ

盛り上げ所で歌われるこの曲は、一曲歌いきるのに非常に元気や体力を使う。
声は出なくはないけど、声の限界に近いキー続きのこの曲は開口一番や、連続して歌った後にこの一曲は、流石にシンドい。
多分、ノドとか次の日攣る。
2〜3曲歌って温まってきたら歌おう。

 

つつみ込むように…/MISIA

項目難易度
音域幅☆☆☆☆☆
キー☆☆☆☆
スタミナ☆☆☆
リズム☆☆
総合計13点

それにつけてもホイッスルボイスの高さよ・・・

音域が広い曲とあってか、キーが上下に動くため割と音程が取りづらい。
ただでさえ音程が取りにくいのに、無理やり絞り出さなければいけない程サビが高めなので、歌う人によっては変質者用の悲鳴ボイスになる。
更に出だしと、最後に超音波に等しいめちゃめちゃ高いホイッスルボイス。無理やり出そうものなら変質者対策はばっちりも同然。
聴いていて気持ちいものではないので、力抜いて歌えなければキーを下げて歌おう。
 

春〜spring〜/Hysteric Blue

項目難易度
音域幅☆☆☆
キー☆☆☆
スタミナ☆☆☆☆
リズム☆☆☆☆
総合計14点

やっぱり必要なのは「若さ」

青春真っ盛りのこの曲は、サビの高音が来るたびに若さの壁にぶち当たる。
地声、裏声とも言い難い微妙な音域が続き、サビに到着するころには歌詞一番目にして限界が来る。
体力がない場合サビでなるべく力を抜かないと、どうしても自分の音域の頭打ちが起きやすい。
無理なら地声で出さず、積極的に裏声で歌うようにしよう。

 

There will be love there
-愛のある場所-/The brilliant green

項目難易度
音域幅☆☆☆☆
キー☆☆☆☆☆
スタミナ☆☆
リズム☆☆
総合計12点

高音は大丈夫。低音域が広い

他の曲と違って、高音は比較的苦にはならないが、低音域が根深い。
サビ以外に低音域が多く、本人は歌っているつもりでも歌声がマイクに入らない。
音量負けしない為にも、いつも以上に喉を広げて、腹から音を支えて歌うべし。

歌いやすい男性曲歌いやすい女性曲
~1980年代~1980年代
1990~1994年1990~1994年
1995~1999年1995~1999年
2000~2004年2000~2004年
2005~2009年2005~2009年
2010~2014年2010~2014年