カラオケに慣れてないなら危険な男性曲 90年代後半編

カラオケに慣れてないなら危険な男性曲 90年代後半編

カラオケに慣れてないなら危険な男性曲 90年後半編

デンモクに聴きなれた曲を入れたのはいいけど、声がひっくり返ったり出なかったり場違いだったりして大やけどをしてしまった経験は皆さん有るんではないでしょうか。

普段、大声を出していなかったり、歌いなれてない喉では、歌う曲の難易度によっては自殺行為。


今回は、独自に判断した4つ基準を元にし判断した、慣れてない人が手を出すと危ない男性の地雷曲90年代後半編。

当時人気を博したり、話題になったりなどして、知名度が高い曲をチョイスしました。

カラオケ上達の一つの指標にしたり、人前の冒険を避ける為の参考にしましょう。

※(今回紹介しているのはほんの一例です。歌いやすい曲を選びたい人は以下をご覧ください)
≫年代、性別別歌いやすい曲特集

歌う際に基準になる4つの項目

音域幅
キー
スタミナ・声量
リズム

 

ロビンソン/スピッツ

項目難易度
音域幅☆☆☆☆
キー☆☆☆☆
スタミナ☆☆☆
リズム
総合計12点

曲が進むにつれ徐々にキーが高くなる

ただでさえこの曲の平均キーが高いのに、サビ最後に向けどんどんキーがエグくなる。
サビに入ってからも一般の男性なら、か細い裏声を駆使しないといけないので、普通に歌いきるなら4~5個キーを下げないと無理。最早、普通の女性が歌う音域。
キーを下げて歌う時も歌い上げる部分の音程跳ねが多いので、着地失敗やひっくり返りに注意しよう。
 

LA・LA・LA LOVE SONG/久保田利伸

項目難易度
音域幅☆☆☆
キー☆☆☆☆
スタミナ☆☆☆
リズム☆☆
総合計12点

男の急所を突く、際どい音域

歌って一番目に気がつくのが、歌い出しから既に地声と裏声の隙間を突くどっちつかずの音の高さ。
曲の半分が、その際どいキーが続くと言っても良いくらい密度が高い。
その為、最高音こそ他の曲と比べると低めだが、地声と裏声の換声点が上手くつかめないと難易度がグッと高くなる。
いっそキー上げるか下げるかして、裏声もしくは地声一本で歌うとビックリするほど楽に歌える。
 

名もなき詩/Mr.Children

項目難易度
音域幅☆☆☆☆
キー☆☆☆☆
スタミナ☆☆☆☆
リズム☆☆☆
総合計15点

音域と安定感の化け物

ミスチルの曲は大体そうだが、上下の音域が非常に高いため、キーの調整はとてもしづらい。
音域が広いうえ、どの音域を取っても抜群の安定感で歌われているので、一般男子が歌うと必死に歌わなければいけなくなり、そのギャップのあまり、かなり引かれる。
ミスチルを歌うのであればそれ相応の歌唱力を引っ提げて歌うべし。

 

Winter again/GLAY

項目難易度
音域幅☆☆☆☆
キー☆☆☆☆
スタミナ☆☆☆
リズム☆☆
総合計13点

2番のから高音の本領発揮

出だしから、1番のサビにかけて裏声で跳ねるところが少々あるが、一般男性なら割と歌いやすい。
が、2番Aメロ終わりから高音ロングトーンが増え、男子の地声音域を超えた高音力(安定感、音量)を試される。
キーを下げて歌うなら-4~-5だろうが、ロングトーンが多く、せっかくの聞かせ所を下げて歌うのはもったいない。そこまで下げるならあきらめて他の曲を歌うと良いだろう。
 

Driver’s High/L’Arc~en~Ciel

項目難易度
音域幅☆☆☆☆
キー☆☆☆☆
スタミナ☆☆☆☆
リズム☆☆
総合計14点

力の抜き方が難易度を左右する

平均キーの高さと声量、サビ、Cメロのノリを求められるこの曲は、終盤になるにつれてスタミナが切れて声がヨレてしまうことが多くなる。
いかに最後まで体力を残して歌うか、高音やA、Bメロを上手く力を抜くかによって曲の仕上がりが変わってくる。
特にサビのメリハリを付ける為にも曲全体の強弱は大事にしたい。
ただちゃんと高音が出る事が前提の話なので、無理やりでしか高音が出ない人は自分に合ったキーで歌おう。

歌いやすい男性曲歌いやすい女性曲
~1980年代~1980年代
1990~1994年1990~1994年
1995~1999年1995~1999年
2000~2004年2000~2004年
2005~2009年2005~2009年
2010~2014年2010~2014年