カラオケに慣れてなくても歌いやすい男性曲  懐メロ~80年代曲編

カラオケに慣れてなくても歌いやすい男性曲  懐メロ~80年代曲編

カラオケに慣れてなくても歌いやすい曲 男性80年代曲編

あまりカラオケに行かず、自分がちゃんと歌えるかどうか不安な人ってかなり多いんじゃないでしょうか。

カラオケで歌う時、歌いやすい基準が4つあり、ココをちゃんと押さえておけば自分の歌える曲も見つけやすいでしょう。


今回は、この4つを基準にして比較的初心者の男性でも歌いやすい80年代以前の曲を紹介。

若い人は上司の前で、世代の人は年下の人の前で歌うとウケる事間違いなし。

星を基準に自分の十八番をどんどん見つけていきましょう。

歌う際に基準になる4つの項目

音域幅
キー
スタミナ・声量
リズム

 

明日があるさ/坂本九


項目難易度
音域幅
キー
スタミナ☆☆
リズム
総合計5点

ジョージアのコマーシャルで世代でない人たちでも話題沸騰になった坂本九の楽曲。

Aメロ、Bメロ、サビなどのしがらみがなく、メロディーも単調で歌いやすい為、普段音楽に慣れ親しんでいなくても少し聞いただけで歌えてしまいます。

どの世代からもウケが良く、まず十八番にするならこの曲でしょう。

 

少年時代/井上陽水

項目難易度
音域幅
キー☆☆
スタミナ
リズム
総合計5点

若年層でも学校で歌うことがある為、どの世代でもポカーン顔されない曲。

力を抜ききって歌わないと結構な違和感になる為、力まず流れるように歌いましょう。

キーがきついのであればキーを一つだけ下げれば安定します。

 

贈る言葉/海援隊


項目難易度
音域幅
キー☆☆
スタミナ
リズム
総合計5点

金八先生の主題歌に使用されて今や卒業シーズンの定番曲となっている、海援隊の楽曲。

近年ではアニソンでおなじみのFLOWもロックにカバーしていて、逆にこっちの方を知っている人も多いんじゃないでしょうか。

ロングトーン(伸ばすところ)が多いので、ヨレヨレにならないように伸ばす前は必ず息継ぎをしておきましょう。
 

大きな玉ねぎの下で/爆風スランプ


項目難易度
音域幅
キー
スタミナ☆☆☆
リズム☆☆
総合計7点

ライブなどで日本武道館によく顔を出す人は、言われてみれば金の玉ねぎが屋根に乗っかってるなと、風景が思い浮かぶ爆風スランプの有名曲。

サンプラザ中野の歌い方をインストールして歌うと、思ったよりスタミナを使います。

喉に余力があるうちに歌わないと、チョットつらいかもしれません。
 

GLORIA/ZIGGY


項目難易度
音域幅
キー☆☆☆
スタミナ☆☆☆
リズム☆☆
総合計9点

テレビドラマ「同・級・生」に使用されたZIGGYの楽曲。最近はつるの剛士がカバーしたこともあり、耳にした人もいるかもしれません。

キーが地味高で、普通に歌うと声が低い人は余裕で声を枯らします。

声が低い人は、慣れるまでキーを2~3個下げて歌いましょう。
 

TRAIN-TRAIN/THE BLUE HEARTS


項目難易度
音域幅
キー☆☆
スタミナ☆☆☆☆
リズム☆☆
総合計9点

歌えれば非常に盛り上がる事間違いなしのTHE BLUE HEARTSの楽曲。

キーはGLORIAほど高くはありませんが、歌いなれない人が歌うとそれなりに体力を持ってかれます。

ただ、音域は狭いので裏声を使えなかったり、低すぎる声が出ない人は歌いやすいでしょう。

歌いやすい男性曲歌いやすい女性曲
~1980年代~1980年代
1990~1994年1990~1994年
1995~1999年1995~1999年
2000~2004年2000~2004年
2005~2009年2005~2009年
2010~2014年2010~2014年