宇宙の風に持ってかれる!スピッツ「ロビンソン」を歌うときの心得

宇宙の風に持ってかれる!スピッツ「ロビンソン」を歌うときの心得

アーティスト スピッツ
音域 mid1F#~hiC#
 

ここがやばい!ロビンソンのつまづきどころ

 

もう、Aメロから際どい高さ

歌い出しから、地声で歌えるけどチョット地味高のフレーズ。準備体操や発声練習をしていない状態のカチカチの喉では少し心もとない。

早速出だしの

新しいせつは

歌い出し一小節目から音程が一瞬だけ急に上がるので油断していると音程でつまずく。

特に歌う際に緊張をしてしまうと、Aメロから早速ひっくり返る。

聞いてる側は、ひっくり返る所じゃない所ミスられると、ずっとハラハラしながら聞かなければならない。

カラオケに行った際は、すぐに歌うのではなく、2~3曲自分が歌って身体が温まった後に入れると事故が少なくなる。

 

宇宙の風に持ってかれる裏声


Bメロ最後からサビからこの曲の本領が発揮される。

Aメロですでにひっくり返っている人は、自分の公開処刑の執行をひたすら待つしかない。

るーらら、宇宙 の風に乗る

ココがロビンソンの難関。なれていない人は糸の切れた凧のように裏声が飛んでいく。

フレーズの入りから裏声で入らなければいけないので、正しい音程で歌うのはおろか裏声をちゃんと出すのがやっと。ちゃんと腹に力入れろ、力!

それ以前もキーが高く、声が出せない人は裏声で歌って逃げるべきだが、逃げすぎるとサビがヒョロヒョロになる。

さながら生まれたての小鹿の様に音程があっち行ったりこっち行ったり、挙句マイクに音が入らないカスレ音と化す。

人はそれをオンチという。

出来るだけ地声でしのいで無理なところは裏声にして切り替えし歌うことが望ましい。

裏声に逃げられない人間は、この曲では裏声が必要になるので必ず裏声の音階の発声練習をしておこう。 

「るーらら」は地声禁止

この曲はテンポも緩やかで、歌詞も覚えやすい。キーを下げて歌う場合は非常に歌いやすい。

ただ、聴いている側はあんまりキーを下げて「るーらら」を歌ってドヤ顔されるのは正直見たくないし、お腹いっぱい。

だったらほかにも歌いやすい曲があるからそっちを原曲キーで歌ってくれよ!って感じになる。「るーらら」を地声で歌われると正直、違和感とがっかりの塊。

やっぱりロビンソンは「るーらら」を綺麗に裏声で歌っている所を見たいし、ちゃんと歌えてる人を見ると気持ちがいいし尊敬する。(通称「キレイなうらるーらら」)

予約を入れた人も「るーらら」を裏声で歌いたいから入れてるんでしょ?基本。

やっぱり「るーらら」は裏声に限るぜ!