【レベル1】異質のネタ曲特集その1【盛り上がるネタ曲編】

NO IMAGE

【レベル1】異質のネタ曲特集その1【盛り上がるネタ曲編】

カラオケで歌う曲は星の数ほどあれど、使い方次第で究極の決め手になることもあれば、場を凍り付かせる核兵器にもなる禁断の果実、「ネタ曲」。

今回紹介するのは場が盛り上がる信頼できる鉄板ネタ曲レベル1

歌うタイミングさえ間違えなければ異性が混ざるカラオケ会でも盛り上がること間違いない曲を揃えました。
ただし、回を重ねていくごとに地雷率が高くなる曲を紹介していくので、悪用したい人は、世の為あまり深追いしないほうがよろしかろう。

 

SEAMO 『ルパン・ザ・ファイヤー』

「ルパン三世」のOPをサンプリングし、SEAMOが放ったイカしたラップチューン。

よくパチスロに行く人はこの曲を聴いて興奮するんではないでしょうか。

ラップのため、練習は必要になりますが、音程に自信ない人でも歌いやすい一曲。
 

マキシマムザホルモン『F』

映画ドラゴンボールでも使用され、公式も認めたマキシマムザホルモンのネタ曲。

カラオケで歌う際は、昔の名残で〇で文字を伏せられている箇所があり、ギニュー特戦隊などの登場人物を知らないと歌詞で詰む。

デスボイスを駆使するため、次の日喉を傷めるので、あまり張り切って練習しないのが吉でしょう。
 

ウルフルズ『バカサバイバー』


暴走しすぎたギャグアニメ『ボボボーボ・ボーボボ』の主題歌。
アニソンだが元気づけに打ってつけで、普通の流れでもぶっこみに行ける。
セリフの部分が関西弁なので、しゃべり慣れてないと少々イントネーションが難しい。 

DJ OZMA『疾風迅雷~命BOM-BA-YE~』


アントニオ猪木のテーマをサンプリングしたDJ OZMAのソウルソング。

ネタソングとしては、時と場合を選ばないため、レパートリーに入れば聞き応えも良く受けやすい。

マスターできればアントニオ猪木のテーマを知らない人はほとんどいないだろうから盛り上がるだろうが、ラップ調のため、歌詞を覚えるのが難しい。
 

SURFACE 『さぁ』

この曲は悪くない。

この曲を悪用してしまったお笑い芸人がいけないw

テレビ朝日系アニメ『まもって守護月天!』オープニングテーマで使用されたSURFACEのアニソン。

純粋にアニメを見ていた世代の人は懐かしく感じる曲ではあるが、2000年生まれの世代の人たちのは絶対卓球コントの方しか出てこないでしょう。

 
≫次ページ【レベル2】異質のネタ曲特集その2【ウケ狙い編】