ここがヤバい!ケツメイシ 桜の歌い方 

ここがヤバい!ケツメイシ 桜の歌い方 


最高音 mid2G(ソ)
楽曲試聴または購入

さくら

さくらの景色、散りゆく花びらは変わらないが、違うのは君がいないだけ。

さくらを眺めながらもういない彼女の面影を思い出す。なんとも切ないケツメイシの人気曲。

最高音もmid2G(ソ)が後半に一回だけと、声が低い男性でもギリ届く安心仕様。

そのため、男性が勝負曲のひとつとして歌うことは少なくない。

他の曲と比べると音域が比較的狭く、音程に自信が無い人でも、パートがほぼラップなので比較的歌いやすい。

 

と思って歌って見るも無惨に舞い散るカラオケ初心者は後を絶えない。

現場では一体何が起こっているのだろうか。

いったい彼らはどのような所で舞い散っていくのか、生態を観察してみることにした。

 

ここがヤバイ!この曲のつまずき所

日本語でおK 半分以上ラップの罠

ラップを歌う上で、歌詞の暗記と滑舌というものは必ず付いて回る。

なのに、さくら初心者は両方を蔑ろにしてしまう傾向がある。滑舌に自信があると言う人でさえ歌詞を覚え、歌えるようになるまで比較的に時間がかかるのにだ。

他の曲を含むケツメイシの曲は歌いやすいもののラップが多いため、この落とし穴にかかってしまう歌詞うろ覚え達は少なからず存在する。

酷い場合、一部始終噛みまくったり、歌詞を誤魔化したりして聞いてる側からしたら

何を言っているのか分からない状態になる。

マスターして歌えるようになれば、非常に格好いいのだが、彼女の前でこんな失態を晒してしまうと、幻滅されること請け合いだ。
あらかじめあんちょこの用意と舌の体操をしておくことをおすすめする。

とにかく曲にしがみつき、テンポ厳守

音程の上下が少なく、滑舌やテンポが勝負になるのがラップのさだめ。

大声で叫ぶような歌い方では、伴奏を聞き取れずリズムを取りづらくなる。

さらには、この曲にちょくちょく出てくる「か行」で憎いほど噛むし、
しかし、か行に意識を置くとテンポについていけず、迷子になってしまう事もあるだろう。

さらに酒が入った無防備な状態で歌うことが想像できる。

その場合、きっと高ぶって大声で歌うだろうし、呂律が回らない上、歌詞を追う余裕も無いので、
最悪の場合

やっぱり何をいってるのか分からない状態になるだろう。

つまりはこの曲、一度に「テンポ」と「か行」、「歌詞」の3大勢力と戦わなければならない。

対3大勢力戦

うろ覚えのうちは、すべてクリアすることは無理なので

テンポを落とし、足で4拍子をきざむ等の対策をした方がいいだろう。

そしてあまり強く声を張らずにテンポに乗って歌詞を埋め込む事を意識した方が良い。

何度か歌い頭の中に歌詞を叩き込めばテンポを上げてもある程度対処できるようになる。

だがそれを乗り越えて、歌詞を覚えて歌えるようになれば、
音程にあまり自信が無い人でもある程度、
聞き映えする非常に心強い十八番になるので、練習する価値はあるだろう。

まとめ

・初見殺し、まず歌詞を暗記する。
・迷子にならないようテンポを落としたり、自分でテンポを刻む
・酒が入るような席では歌わない方が懸命